野毛ストーリー

  • 魚河岸に歌が・・・ (大谷一郎)

      昭和二十一・二年。 横浜は大空襲により、灰塵と帰し、わずかに焼け残ったビルには、星条旗かはためき、関内の空には、占領軍のオートジャイロか爆音をたてて昇り降りしていた。食糧事情は最悪。日に二、三人の餓死者が出