ハマ野毛

  • 大岡川漂泊記(2) -愛しの”自己変革” (田村行雄)

    ある三月のホカホカ陽気の夜、ポカポカに気分的にさそわれて、野毛に出たわけ。おでんやで一杯やって、福富町の馴染みの店で相当飲んだわけ。このママさんがえらくキレイな人で、元野毛劇場の踊り子さんなんだよね。このママさんに僕は熱
  • 大岡川漂泊記(1) -黄金町の朝に粉雪が舞った (田村行雄)

      黄金町のガード下がなくなるという話を聞いた。 僕がお世話になった町でもある。 そのガード下がなくなるとは実にけしからん話である。 世の中いったいどうなっているんだ。 感謝こそすれ、社会悪として非難されるとこ